フェイスライン改善の整形|小顔になれる美容治療【脂肪溶解注射やボトックス注射】

フェイスライン改善の整形

顔に触れる女性

顔の形を整えて美しくなる

エラが張っていることが原因の大顔は、民間療法では改善できないことがほとんどです。なぜならエラが発達している主な原因は、咬筋が発達しすぎているか骨が大きいことだからです。筋肉や骨が原因では、ダイエットをはじめとし美容法だけでは解決できません。筋肉や骨といった減らしにくい物が原因の対処法は、その部分だけを重点的に減らすかまたは目立たないように他の部分とバランスをとる方法が最適です。そんな便利な方法があるとすれば、美容整形をおいて他にはありません。美容整形では、フェイスラインを整えながら小顔を目指せる方法がいくつも存在します。当然エラにだけ集中的に効果を出す方法もあるので、小顔を目指す方はぜひ利用してみましょう。美容整形によるエラの矯正は、プチ整形と外科手術で行う物と両方利用できます。プチ整形は注射のみで行う方法と、美容機器を使用するスタイルの二通り存在します。たとえば注射のみの場合は、咬筋に効くボトックスと脂肪を溶かしてエラの大きさを改善するBNLS注射で行うことになるはずです。他にも美容器具でエラを治療する場合は、ウルセラやサーマクールなどのレーザー機器を使います。あとは外科手術でエラの骨切りをすることで小顔にすることもできますが、こちらは難易度も高く料金もかかるのでそれなりの覚悟や出費が必要になるでしょう。ボトックスやBNLS注射、それに骨切りはやり方こそ違えどエラそのものに働きかける美容整形です。これに対してエラに手を加えず、他の部位に働きかけて小顔効果を狙う方法もあります。ヒアルロン酸注入による美容整形がそれで、この方法で施術する場合はエラの大きさ自体は変わりません。その代わりに顎の形が修正されるので、フェイスラインがシャープになります。同じような整形にはシリコンプロテーゼを使用した物がありますが、そちらはまれに埋め込んだ器具の形が浮かび上がってしまうこともあるためリスクを取りたくない方にはおすすめできません。この点ヒアルロン酸なら液体を注入するだけなので、施術後にトラブルになるような可能性を排除できます。またヒアルロン酸を注入することでエラが目立たなくなるだけでなく顎がシャープになるため、顔全体の印象を変えることが可能です。おかげで他の部分のバランスもよくなり、美人度もその分アップします。しかも現在は従来のヒアルロンア酸より持続性がアップした物も開発されるようになり、さらに高い小顔効果が得られるようになりました。持続型ヒアルロン酸は、従来品のように水分を含んで丸まったり効果がすぐに切れてしまったりすることがありません。おかげでより長く綺麗なフェイスラインを保つことができます。