理想の施術結果を得るには

顔に触れる女性

医師との意思疎通が大事

美容クリニックで小顔整形を受ける際にもっとも気をつけておきたいことは、医師に自分の希望をできるだけ詳しく伝えるという点です。クリニックで受けられる小顔整形には様々な種類があり、施術結果が持続する期間や、見た目に現れる効果に違いがあります。医師はカウンセリングで患者がどんな変化を望んでいるのかを確かめ、その理想を叶える最適な施術を提案してくれるのです。つまり理想的な施術結果を得るためには、正確に自分の希望を伝えことが重要だということになります。漠然と「顔を小さくしたい」と伝えた場合であっても、医師は患者に合った施術を推測し、提案してくれるでしょう。しかし患者の心を読むことができるわけではありませんから、どれほど経験豊富な医師であっても、推測だけで最適な施術を判断するのは難しいといえます。一言に顔の大きさが気になるといっても、顎周りがたるんでいる・エラがはっているなど、目に付きやすいポイントは様々です。脂肪によるたるみが原因であれば脂肪吸引などの施術が効果的ですし、エラが目立つ場合にはエラ削りやボトックス注射などの選択肢があります。悩みを解決するためにはどんな方法が最適なのか、それを正しく知るためにも、カウンセリングではきちんと自分の希望や理想を医師に伝えましょう。小顔整形には、外見に関するコンプレックスや悩みを解消し、気持ちを前向きにするというメリットがあります。顔の大きさが気になってしまうと、お化粧をする際にも気持ちが沈んでしまいがちですし、ファッションも自由に楽しめません。またヘアスタイルについても、「顔の大きさをごまかす」ことが一番の目的になってしまいます。小顔になることができれば、コンプレックスにとらわれることなく自由に自分の好きなファッションやヘアスタイルを楽しむことができるでしょう。お化粧時も、顔のコンプレックスを隠すというマイナスからのスタートではなくなります。メイクによって自分の魅力を引き立てるという、プラスからのスタートとなるのです。外見について自信を持てるようになるため、コミュニケーションについても積極的になれるかもしれません。自分に自信を持っている人は表情が生き生きとして見えますし、ちょっとした仕草にも魅力があふれるようになります。小顔になることで人生が変わった、恋人ができたという方も世の中には多くいるようです。ただ外見の魅力が向上したというだけでなく、コンプレックスから解き放たれて本来の魅力を発揮できるようになったことも、人生が変わる理由の一つかもしれません。