顔の大きさを変える

医者

美容整形が有効

頬やフェイスラインに脂肪がたっぷりついていることで、顔が大きく見える・・という場合は脂肪吸引で小顔を作ってみてはいかがでしょう。脂肪吸引は文字通り、脂肪を特殊な器具や機械を使い吸引する医療痩身のことで、即効性が高いのが特徴的です。カニューレという管を顔の脂肪が気になる部分に挿入して、そこから機械の力で吸引することによって脂肪を取り除きます。管を顔部分に挿入すると聞くと「傷跡が残るのでは・・」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、顔に使用するカニューレの太さは、わずか直径1.4〜1.6mm程度です。極細のカニューレを使って脂肪を吸引していくというだけでなく、傷跡が目立ちにくい耳の後ろから挿入するので顔に傷跡が残るという心配はありません。お腹や太ももなどに比べて顔は脂肪の量が少ないということもあり、施術自体もわずか20分程度で終了するケースが多いようです。顔の脂肪吸引は特に二重あごの解消に効果が高く、笑ったり顎を引いたりすると二重あごになる・脂肪でフェイスラインがもたつくという人におすすめとなっています。食事制限や運動といったダイエットをしても、顔の脂肪だけなかなか落ちないという人も少なくありませんが、脂肪吸引であれば小顔に近づけます。若い頃とさほど体重は変わっていないのにも関わらず、顔が大きくなった気がする・・という場合、肌がたるんでいる恐れがあります。加齢によってフェイスラインの肌がたるんでしまうと、二重あごにもなりやすく結果、顔が大きく見えてしまうのです。このような肌のたるみが原因で顔が大きく見えるという人が、小顔に変わるためには美容整形でたるみを解消する方法が有効です。フェイスラインのたるみが強いという場合や、たるみだけでなくほうれい線などのシワも一気に解消したいという場合には、フェイスリフトをおすすめします。フェイスリフトはたるみやシワを解消する目的で行う美容整形の中でも、最もリフトアップの効果が高いと言われている施術法です。耳の後ろやこめかみ部分の皮膚を切開し、余分な組織を切除して縫合することで高いリフトアップ効果をもたらします。フェイスリフトを受けることによって、顔が大きく見える原因となるフェイスラインのたるみが解消されるため、小顔に見えるようになるのです。フェイスラインのたるみだけでなく、顔のシワまで一気に解消できるフェイスリフトは年齢を重ねた人には特におすすめと言えるでしょう。フェイスリフトは即効性があるだけでなく、長く施術の効果をキープできる点も魅力で患者さんによっては、約10年程度効果が続くと言われています。